About Us

村田研究室は,早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科の研究室です.
コンピュータの処理性能向上や記憶領域増大によって,産業・学問の両領域で膨大なデータの蓄積が可能になりました.この膨大なデータを有効に活用する取り組みは近年大きな注目を集めています.本研究室の目標は確率・統計や機械学習という枠組みを用いてデータに内在する性質・構造を明らかにし,社会に有用な知見を得ることです.学生の研究テーマは各々が決めており,興味に応じて様々な分野にアプローチしています.





News

2019-07-01 永山瑞生, The 28th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN2019), 2019/9/17-19, "Sleep State Analysis using Calcium Imaging Data by Non-negative Matrix Factorization"
2019-06-17 永山瑞生, 第37回IBISML研究会, 口頭発表, 非負行列因子分解を用いたカルシウムイメージングデータからの睡眠状態解析
2019-04-08 金原秀明, The 34th ACM/SIGAPP Symposium on Applied Computing (SAC2019), 2019/4/7-12, 口頭発表, "Real-Time Botnet Detection Using Nonnegative Tucker Decomposition"
2018-12-03 中村圭太, Machine Learning for EEG Signal Processing(MLESP2018), 口頭発表, Localizing Current Dipoles from EEG Data Using a Birth-Death Process
2018-11-04 布施拓馬,第21回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2018),ポスター発表,構造が時間に依存して変化するデータの埋め込み
2018-11-04 五十嵐里紗・關翼人,第21回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS2018),ポスター発表,Weighted Jensen-Shannon Divergence規準のランダムフォレストを用いた条件付き分布の推定
2018-07-26 金原秀明,情報通信システムセキュリティ (ICSS) 研究会,口頭発表,非負値Tucker分解を用いたリアルタイムボットネット検知システムの構築
2018-06-13 中村圭太, 第33回IBISML研究会, 口頭発表, 生成・消滅過程に基づくEEGデータの電流ダイポール推定
2018-06-13 田中大, 第33回IBISML研究会, 口頭発表, 畳み込みニューラルネットワークを用いた顕微鏡画像の3次元超解像
2018-03-14 井村惇平・金原秀明,情報処理学会IPSJ第80回全国大会,口頭発表,グラフと GANs 特徴量に基づいた間取り検索システムの提案
2018-03-14 布施拓馬,情報処理学会IPSJ第80回全国大会,口頭発表,検索条件のベクトル表現を用いた検索の興味の可視化
2018-03-14 廣岡大吾,12th International Renewable Energy Storage Conference (IRES2018),ポスター発表,Temporal interpolation of grided solar radiation data for evaluating PV fluctuatio
2018-03-05 関翼人,第32回情報論的学習理論と機械学習研究会(IBISML),口頭発表,複数の距離計量を用いたk近傍推定のための距離学習
2017-09-06 関翼人,日本鉄鋼協会 第174回秋季講演大会,製鋼工程における操業実績値を用いたキャストスケジュール作成アルゴリズムの開発
2017-06-07 岩崎泰士,ニューロコンピューティング研究会,2017年Young Research Award受賞.
2016-11-17 園田翔, 村田昇, “深層デノイジング・オートエンコーダーの輸送理論解釈“, 第19回 情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016),京都(poster, best presentation award)